<< 「早く農地に戻していただきたい」輿石氏自宅敷地めぐり赤松農水相(産経新聞) | main | 元光GENJIメンバーに実刑=裁判官「更生を期待」−千葉地裁(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)

 大阪府豊中市が男女共同参画推進センター館長の雇用契約更新を拒否したのは違法として、元東京都議で女性政策研究家の三井マリ子さん(61)が同市などを相手取り、1200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、請求を棄却した一審判決を変更し、同市などの人格権侵害を認定、150万円の賠償を命じた。
 判決によると、三井さんは2000年、非常勤の館長に就任。1年ごとに雇用契約を更新していたが、常勤化を打ち出した市が公募で別人を選び、不合格となった三井さんは04年3月で雇い止めされた。
 塩月裁判長は「三井さんの行動に反対する勢力から受けた組織的な攻撃に市が屈した」と認定。「説明せずに常勤化に動いたのは人格権の侵害」と判断した。
 判決を受け、三井さんは記者会見し「非常勤の人たちにとって判決は大きな力になる。行政はもっと真剣に男女平等に取り組むべきだ」と笑顔で話した。
 豊中市の永原武敏人権文化部長の話 大変残念。判決内容を精査し、今後の対応を検討する。 

地球帰還、ほぼ確実に=小惑星探査機「はやぶさ」−宇宙機構(時事通信)
がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」(産経新聞)
シー・シェパード 監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)
<仏頭取り換え訴訟>説明広告の掲載命じる 知財高裁判決(毎日新聞)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • 19:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
皐月賞
日本ダービー
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM